ジンジャーエールを自宅でカンタンにつくる方法・レシピ

我が家で流行っているジンジャーエールの簡単な作り方をお教えします。

スポンサードリンク

「ジンジャーエール」は、ジョン・J・マックローリンという
カナダ人の薬剤師が、1890年に生姜汁にフルーツジュースやフレーバー
などを混ぜてドラッグストアで売り出したのが始まりなんだって。

もともと健康飲料として開発されたジンジャーエールは、
身体に良く、ダイエット効果もあり、

血流促進効果
殺菌作用
免疫力の向上作用
身体保温効果

など、長所がいろいろあるんだよね。

風邪を引いたり、体調がすぐれない時に飲むといいでしょう。

というわけで、我が家では最近ジンジャーエールが流行っています。

「カナダドライ」や「ウィルキンソン」などの
市販のジンジャーエールを買って飲んでいたのですが、
自宅で簡単にジンジャーエールを作れないか考えてみました。

というのも、昔オーストラリアへ旅行した時に飲んだ
「ジンジャービール」の味を思い出したからです。

ジンジャービールは、カナダでジンジャーエールが発明される以前から
イギリスで作られてきた飲料で、ジンジャーエールの原型なんですって。

生姜と糖分を発酵させて作るそうですが、ジンジャーエールよりも味が濃く、
生姜の辛味が強く、クセのある味が忘れられません。

イギリスの家庭ではジンジャービールを作るのが一般的らしいので、
「我が家でもジンジャーエールを作ろう!」ということになったというわけです。

時間と手間をかけず、簡単にジンジャーエールをつくる方法

時間のある方は生姜を煮て「生姜シロップ作り」から始めたらいいと思いますが、
そうでない方は市販の生姜シロップを使いましょう。

生姜シロップ写真2生姜シロップ写真1

長崎産の生姜と黒糖だけで作られた「完全無添加の生姜シロップ」なら安心♪
水すら加えていないんですって!

スポンサードリンク

生姜シロップと水を「ツイスパソーダ」に入れます。

「ツイスパソーダ」は、水以外のジュースにも使え、
そのまま美味しい炭酸ジュースを作れるスグレモノ。

生姜シロップがシュワシュワ~っと「生姜炭酸水」に変身!

生姜シロップ写真3

さぁ、味の方はどうでしょうか?

生姜シロップを直接ソーダにすると、
下に生姜の沈殿物が溜まって味はイマイチかも。

ジンジャービールをつくる場合も布や茶こしで中身を濾すそうですから、
あらかじめ「ツイスパソーダ」で炭酸水をつくっておいて、
生姜シロップを割った方が美味しく出来上がるようです。

シロップとソーダの比率はシロップの濃さによって異なるので、
味見しながら調節した方がいいでしょう。

この生姜シロップの場合は1:5くらいが良いみたいです。

さて、我が家のジンジャーエールは・・・

ジンジャーエール写真

オーストラリアで飲んだジンジャービールには及びませんが、
市販のジンジャーエールよりも生姜の辛味と黒糖の甘みが感じられて美味しい♪

はじめは「ちょっと濃いかな・・・」と言っていた
主人も子どももハマってきたようなので、まぁ、成功かな。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。